JOINTED ULULA 2017

ウルラ

同名新作としては実に4年ぶりの製作。

パーツ比重とセッティングの見直しにより、従来よりも軽やかにハイピッチアクションを実現したモデル。

リメイクのMODではなくこのモデルによって、従来の「重み」を感じるモデルの必要性も理解できる物としての新作ウルラ。

ブランドの代名詞との呼び声も高い大型クローラーベイトです。

2017-12-01

Kuchibashi

kuchibashi

Kuchibashi

初となる、リアペラシングルスウィッシャー、“Kuchibashi”

荒れた水面での強アピールや、引き波やアクションで誘える様な状況など、どちらにも対応できる特性が故に、今まで着手していなかったカテゴリー「シングルスウィッシャー」。

今回はそのバーサタイルな特性に焦点をあて、より多くの状況下にて投入することのできるアイテムをコンセプトに製作しました。

シングルスウィッシャー特有のアピール力とアクションの両立に加え、稼働制限を設けたブレードとペラの干渉音。

リアプレートの重心移動による、予期せぬイレギュラーなドッグウォークに多角形ホールのペラを利用した巻きのノイジーサウンドなど、トリッキーな演出も可能です。

コンセプト通り、幅広い場面で出番の多い「バーサタイル」なプラグに仕上がりました。

ピンスポットの戦略も有効となるこれからの時期、オカッパリランガンやフローター。カヤックフィッシングなど、多くのルアーを持ち運べない状況にも役立てるアイテムです。

 

2016-06-01

Living dead Mabamba

リビングデッド

イベントや別注商品でごく少量のみ生産していたリビングデッドマバンバ。 

16大阪フィッシングショーでのお披露目から、全国販売前の先行モデルを限定仕様にて先行リリースいたします。

木目を活かしたウッドヌートリアカラーは、その製法から経年変化にも強く また、同じ物が2つと存在しないのも特徴です。 

「集魚と存在感」をコンセプトにしたビッグプロップベイト、「マバンバ」に小技を効かせるSOS形状は全てハンドカービングブランク。

ハンドメイドプラグの温もりと、ビッグプラグ特有の実績を融合した新しいマバンバです。

2016-07-13

Mega Haunted

メガホン

オウルベイトログのサイジング、ブランクデザインをベースに、より比重の高いウッド素材を使うことで「ホーンテッド」特有の水絡みとアクションをメガサイズで実現しました。

 オリジナルサイズとの使い分けはもちろん。

2オンスクラスの着水は より大きな存在感と、サイズアップによるアピール力。

ヘビータックルにも最適のキャスタビリティが持ち味です。

 ウッド製ビーズテールを搭載した多連結ビッグプラグとして

メガホーンテッド、略して「メガホン」です。

 レギュラー全4色にてデビューです。

2017-05-31

MFJ+

MFJ+

大型ノイジーカップを搭載していながら、「S字系ビッグベイト」の特性を持つ、従来のカップ式ルアー、S字系ビッグベイトには無い新しいコンセプトの大型プラグ。

「スローに巻く」ほど、より大きな振り幅で弧を描くデッドスローS字は、リトリーブスピードで多彩な演出が可能。

ここぞのポイントではより長くとどまり、テールで水をはたく様なテーブルターンによるピンスポット攻略も可能。

ボディを水上からも視認でき、シャロー(浅場)や大場所での遠投アプローチも得意な「トップウォーター」ビッグベイト。

従来のリップレスS字プラグとも、リップ付きのそれとも違うスピードと演出は、活躍フィールドを広げます。

 

2019-04-24

MUSKY FILLEO

muskufilleo

『無音ノイジープラグ』
例えば 30cm層をよりスローに泳がす為に、 60cmレンジのポテンシャルを持ったミノーを作るイメージで…
マスキーフィレオ最大の特徴は、カップが音を発生させないスローリトリーブにあります。
水押し抵抗による引き波と、左右への平打ちS字アクションは、通常リトリーブ時とひけをとらないライブリーアクション。
これが、無音ノイジーのコンセプトです。

もちろん、マスキーサイズの60mmカップと大きくなったブランクは 広範囲の対象魚に気づかせる、ハイサウンドアピールも可能。
河川等の流域ではオーバーライドアクションが 独自のアピールを可能にします。テンションとスピードの緩急による誘いだしが可能。
ウエイト40グラムと、扁平&大型カップの着水音。
サイズアップには、オウルの考える『集魚理論』を詰めこみました。
フィレオをベースに、対モンスター仕様の新しいカップ式ノイジーが出来上がりました。

オリジナル同様に、『重くなく、軽すぎない』軽快な巻き心地は、使い手にとっても大きなアドバンテージ。『一日中使える、ビッグノイジー』です。

2016-03-25

NewSalvage

全国Color

カテゴリーは、「ボトム用ペンシル」。要は、ボトムに特化したシンキングペンシル。
ボトムのずる引きのみならず、底でドックウォークなんてこともできます。
メインの使用ターゲットは冬のバス。
リップによる障害物回避プラグよりも、さらに波動を小さく、警戒心をなるべく与えずに越冬バスの鼻先を通すのが目的。
最大の特徴は、ボディ内部にスプリングで吊るした、タングステンウェイト。
コツコツと、甲殻類を意識したラトル音と、バネによる振動を「自発的」に発生させることが狙いです。
波動の少ないスティック形状のデッドスローのズル引きに、わずかな起伏や傾きの変化をきっかけにラトル音と振動で、その存在をアピールします。
ルアー腹部の保護と、着底姿勢の傾きの為に本来ならフックを装着するための二点のサーフェスリグを突起として配置。
また、着水からのフォール中も、細かなロールが木の葉の様にラトル音を鳴らしながらその存在をアピールします。
波動アピールの強めなソコベタや、従来のサルベージとの使い分けを明確にした「オウルジーンズのボトムゲーム」ニューアイテムとなります。
微波動プラグのずる引きに、ラトル&スプリング振動効果。一つでも多くのシチュエーションに対応出来るよう、タックルボックスに控えていただけたらと思います。
2017-10-23

nurselog

rod

ナースログは 殆どの人が初めて触れたときに、その堅さと強靭さに驚きます。
本当にガチガチなんです。
もちろん、粘りますし 曲がりますが 空中で振った程度では それは解らないレベルのまるで『樹』です。 その樹は、オウルのルアーを投げるためだけに開発したロッドではありません。

『大きなブラックバス用』のロッドとして、必要な要素を極端に形にしました。

●プラグのサイズを選ばないロッドにしては6.6フィートは、長くはありません。
まして、グリップを除く ブランクだけでいうと6フィート強。
ナースログの公表適合ルアー値は~150g前後。このスペックにしては、むしろ短いロッドです。
例えば カヤックなどの浮きものでの釣りでは、7フィートを越えてくると、さすがに扱い辛く サイドキャストなどで つい水面を叩いてしまいます。
ブランクのみ6フィート強の長さは、それを解消すると同時に、操作においても扱いやすく、10フィート前後のカヤックなら、姿勢を崩すことなくバウを交わし いなすことの出来る長さ。

●グリップは、このレングスにおいては アンバランスともいえる、長めのダブル。
キャスト時にエンドを引き付けることで、6.6フィートの長さを生かした遠投性と、大きなプラグのキャスト負担を軽減します。
また、丸型リールを装着しても、長めのダブルグリップは両手で扱うことで 少しでも負担を減らすことに繋がります。

●フォアグリップは、小降りながらもフェイクではなく独立した物をとりつけました。
飾りではなく、ペンシルやポッパーなどのプラグ操作の時や、抵抗の大きなリーリングの時に 手元の添えかたで、このレングスやスペックを扱いやすく手助けしてくれます。
もちろん魚とのやり取りでの使用も。

●この6.6フィートという長さは、フックセットストロークにも一役かいます。一般のパワーロッドにしては短い部類のロッドですが、トップウォーターロッドとしては十分に長尺の部類。
少なからずスラッグを利用するトップウォーターの釣りでは、不意のバイトに ローギアリールでスラッグを巻き取るよりも、瞬時に竿を立てることで大きくスラッグを取れるタックルに分があると考えました。
しかし、スラッグを張った状態でフッキングを行えたとしても、従来のトップウォーター専用ロッドの弱点として、一撃で記録クラスの獲物を貫通することは難しく、何度も合わせをした挙げ句 浅がかりの上 フックが曲がってバレるということも…
例えばカヤックのような足場の固定されない状況でのフッキングの場合。
リールを巻きつつも、ロッドストロークによるフッキングの際、足場が引かれる事による力のロスが発生します。
そのロスが発生する前に、強靭なバットパワーで 貫通するフッキングを目指しました。なるべくなら、追い合わせの必要のない、出来れば針が貫通する手応えを感じることができるものを。
パワーロッドにしては『短く』。トップウォーターロッドにしては『長い』理由がここにあります。

●ガイドは、ステンレス。
チタンに比べ、コストも安く 重いガイドです。
しかしながら、都合よくスペック内の事ばかりが釣りでは無いという考えから、不意の事故にも なるべくなら『折れず』に『曲がる』という選択をしました。

●ブランクは、アンサンドフィニッシュ。
焼き上がったブランクに 塗装の為の研磨をなるべくしない、ほぼ素の状態。カーボンも繊維です。
研磨をすると、表面の繊維はもちろん切れます。塗装のウエイトも乗ります。
見た目はシンプルな物となりますが 軽く、強靭な物が欲しかったのです。

●ブランク貫通式の1ピース。
分割はおろか、グリップも外れません。
トップウォーターをメインに使用するメーカーとしては、異色のデザインとなりますが、オフセットグリップとのフェルール接点では、このブランクを活かすことは出来ないと考えました。

これだけの『極論を形にした』スペックでは トップウォーター専用ロッドにするにはあまりに勿体無いロッド。
輸入のマスキー用ルアーや、ビッグベイト、スイムベイトもまた、自己記録を狙えるプラグ。

●スタイルにとらわれず、竿が独立して支持してもらえる様に あえてデザインや表記は極力無地とし、ルアー同様のオウルステンシルのみを一ヶ所に配置しました。

●釣りのスタイルの違いで現れる、竿先のポジションも考慮した、バランス設計。

残念なことに、これだけのスペックを形にすると、感度の鈍いロッドとなってしまいますが、昨今のラインの進歩に このデメリットは苦になりませんでした。
また、小さな魚では、『釣り味』も奪ってしまいます。それを、このロッドで味わえることの出来る魚を目指すならば、そこも問題はありません。

●おそらく、現時点において国産のトップウォータープラグのカテゴリーでは このロッドでキャスト出来ない物は無いでしょう。(小さすぎる物は別として…)
大きなプラグは、『数メートル先に よっこらしょ』というのではなく、大きなプラグこそ より高くからや、より遠くへキャストして発揮できると考えます。

竿に関しては、全くの素人。オウルジーンズが、ワガママと希望、極端に偏った理論を 無理矢理ロッドのプロに形にしてもらったのです。
胸を張って言えるのは 未だに、専門知識はありません。
全てを満たした魔法のロッドなんて もちろんあるはずもなく、まして釣りにおいてはあらゆる状況に出会います。
ナースログに詰め込んだ理論も、かなり偏ったもので、全て正解の解釈でもないでしょう。

ただ、間違いなく言えるのは オウルジーンズにとって、この『ナースログ』に代わりはありません。それが全てなんです。
ナースログとはそんな『樹』の竿です。

2016-03-25

Original Custom Glasses

henkousyouhin

 

とにかく軽くて ずれにくいこと」

釣りの最中のみならず、偏光レンズのズレは非常にストレスです。「脇役」のギアでありながら、大きな役割を持つ「釣り道具」に求めたのは
シンプルで機能的な性能でした。神経質になりすぎない価格帯で、この条件を満たす日本人にフィットするギアとして、ストームライダーベースは必須でした。

愛眼ブランド【ストームライダー】の信頼の技術。そのコストパフォーマンスの高い実績のアイテムをセレクトベースに、
「THE OWL GENE LURE’S オリジナルカスタムモデル」としてモディファイ。

フロント、左右の構成パーツをクレイジーパターン化し、印象はマットブラック、左右装着時のさりげないスペースにはパターン違いの迷彩柄で個性的に仕上げました。
スポーツタイプのフレームでありながら、「オールドスクールモデル」のフレームをベースにすることで、多種多様なスタイルにも幅広く対応します。

日本人特有の、目と眉の間隔の広さを気にせずともフィットするところも このモデルならでは。

もちろん肝心の偏光性能もベースモデルそのままに、新型ポリカーボネート偏光、「マロンブラウン」「クリムソンピンク」の2色をラインナップしています。

■マロンブラウン  オールシーズンを通して日差しの強い日中での使用に適し、
            どのような変化の光の状況でも比較的安定した視界を望めます。

■クリムソンピンク コントラスト性能を特化させた赤色系カラー。ストラクチャーやブレイク
            などの水中の状況を見つけやすく、疲れにくいのが特徴です。

2016-03-25