FloatVib

フロートバイブ

例えばピンスポット攻略など、大切なのは「着水」という最初のアプローチから、次のアクションまでの「間」。

「浮く」という性質が、その間の演出を可能にします。

 

例えば複雑なボトム形状のあるシャローエリアや、ターゲットの潜む水面下のウィード面。

クリークなどの浅い小場所など、シンキングでは分の悪い状況を、よりスローにアプローチでき、バイブレーションならではの飛距離と、その形状からなる体高面積のあるフラッシングと波動効果…

ロッドポジションとリーリングスピードで、より表層への浅いレンジコントロール。

「浮く」バイブレーションのアドバンテージです。

なかなか一線のカテゴリーではないものの、こと使いどころやその効果においてはすでに周知の事実・・・

 

2017年の一作目としてオウルジーンズにとっての、状況やフィールドに対応する道具の一つとして…

あくまでもルアーらしいルアーを目指し、シルバーロゴで製作しました。

 

全長約10.5cm ウエイト約37グラム。

小さくなく、大きすぎないサイジングも対応フィールドの幅を広げます。

 

オウルジーンズ 新作「フロートバイブ」デビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です